female

ストレス性胃腸炎やうつ病は改善できる│ストレス排出クリニック

頑張りすぎが原因の病気

専門医に診てもらう

現代はストレス社会と言われ、うつ病に苦しんでいる人の多い世の中です。うつ病は最初自分でも症状に気付かないものです。何となく元気がないであるとか、気力がない、今まで興味があったことに対しても興味が薄れたということが重なって、病院に診断にいくことで発覚することもあります。うつ病は心の風邪だとも言われています。従って、現代では誰もがかかる可能性のある病気なのです。頑張りすぎる性格の人が仕事や人間関係のストレスにさらされた結果、心が悲鳴を上げた状態がうつ病であるといえます。うつ病と診断された場合、完治に向けて治療を行うにあたっては周りのサポートも必要です。職場では理解が得にくいこともありますが、出来れば休職扱いにしてもらって治療することがベターです。

これまでの生き方を改める

うつ病と診断された人は、これまでうつ病になるような生き方をしてきたとも言えます。従ってなってしまったことはこれまでの自分の人生をじっくりと振り返って、今後の人生の生き方を変えるのにはいい機会であるといえます。会社などでも自分の意見を言わず、他人の言うことをすべて真に受けるようなことですと、普通の精神状態を保つことが難しくなることは当たり前です。従って、自分の意見もはっきりというようにして、自分のことを理解してくれる人だけと仲良くするようにすればいいのです。うつ病と診断されなければこういった考えに変化するきっかけもなかったでしょうから、長い目で見れば必要な期間であったとも言えるのです。いまはうつ病の診断を受けた後には、献身的なサポートを心療内科のような医療機関でも行ってくれるので、医師や心理カウンセラーと一緒に治療に専念しましょう。